マンション(中古)を購入した場合の諸経費

今回は築40年ほど経過したマンションを購入した場合について試算しています。

(例)購入条件

物件価格:1,000万円

構造:RC造(区分所有)

土地:面積1,000㎡、固定資産税評価額3億5,000万円
共有持分:150/10,000
建物:専有面積60㎡(登記簿)、固定資産税評価額300万円、昭和55年築
固定資産税・都市計画税年額:70,000円

住宅ローンは利用せず、上記の条件で購入

売買契約後、物件引き渡しは10月1日

購入に係る諸経費

仲介手数料

成約価額の3%+60,000円+消費税

388,800円

登記費用

土地登録免許税:78,750円(3億5,000万円×<共有持分150/10,000>×1.5%)
建物登録免許税:60,000円(300万円×2%)
抵当権登録免許税:無し(住宅ローン利用等による抵当権設定が無いため)

司法書士への報酬が6万円(移転登記6万円)とすると、

登記費用:198,750円

印紙税

5,000円(不動産売買契約書に貼付)←1,000万円以下は5,000円、1,000万円超は10,000円

固定資産税・都市計画税精算金

年間日数365日のうち、10月1日~翌3月31日までの182日分を負担

34,904円(70,000円×〔182/365〕)

※通常、固定資産税・都市計画税と併せて、管理費・修繕積立金も日割精算します。管理組合の締日等により精算の仕方が変わります。

火災保険料

10年一括・家財なし・地震保険(5年更新)込み:約50,000円
10年一括・家財あり・地震保険(5年更新)込み:約100,000円(今回はこちらを選択)
1年払い・家財無し・地震保険込み:約10,000円

融資に係る諸経費

(融資利用無し)

不動産購入後に係る諸経費

不動産取得税

土地:78,750円(土地評価額3億5,000万円×1/2×<共有持分150/10,000>×3%)
建物:90,000円(建物評価額300万円×3%)

総合計

896,204円

以上のような結果となりました。
一戸建てとは火災保険料が随分と違ってきます。
また、住宅ローンを利用するかしないかで登記費用も変わってきます。
マンションの場合、通常は購入後も管理費・修繕積立金が毎月の支払いとして発生します。
モデルケースのひとつとして、ご参考ください。


  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク